←前月 2018年7月 次月→
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
住宅は省エネ・耐震・バリアフリ ..
増税対策、住宅ポイントとZEH支援 ..
国交省、すまい給付金・減税拡充 ..
お知らせ
夏季休業のお知らせ
東日本レインズ、中古マンション ..
リフォーム受注件数は14%増
17年度の住宅着工は3年ぶり減 ..
中古マンション成約件数、3ヶ月 ..
2月の首都圏建売、発売戸数20% ..
2018年12月
2018年11月
2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月


リフォーム受注件数は14%増

 


 


―国交省調べ、受注件数は14%増で小口化


 国土交通省がまとめた「建築物リフォーム・リニューアル調査報告」によると、17年度下半期のリフォーム・リニューアル工事の受注高は、前年同期比8・6%減の5兆7540億円となった。これにより、17年度累計は前年度比2・5%減の12兆4873億円。受注高では前年度より減少したが、受注件数は同13・7%増の1053万1211件と増加しており、小口の工事が増えている。なお、今回から統計精度向上のため、大きな影響を与える外れ値の除外を行い、16年度の数値も集計し直している。


 17年度累計のうち住宅の受注高は、前年度比7・8%減の3兆8295億円となった。このうち、一戸建ては同2・8%減の2兆1056億円で、共同住宅は同11・1%減の1兆6120億円。工事種類別でみると、改装・改修工事が最も大きく、同7・8%減の2兆8749億円、維持・修理工事が同0・7%減の7154億円、一部改築工事が同18・3%減の1343億円、増築工事が同30・9%減の1049億円。


 一方、非住宅建築物は同0・1%増の8兆6578億円と増加した。内訳は工場・作業場などの生産施設が同18・6%増の1兆8837億円と最も大きかった。次いで、事務所が同10・2%増の1兆8485億円、物販店舗が同7・1%減の9031億円、学校校舎は同12・9%減の6917億円など。倉庫・物流施設は同29・3%増の3745億円と大きく伸ばした。工事種類別でみると、改装・改修工事と維持・修理工事が同2・9%減の7兆5171億円と最も大きかったが、増築工事が同55・7%増の7463億円と、設備投資の好調さがうかがえる。一部改築工事は同7・8%減の3943億円。


by よしださとし ¦ 18:23, Saturday, Jul 14, 2018 ¦ 固定リンク