←前月 2018年11月 次月→
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
住宅は省エネ・耐震・バリアフリ ..
増税対策、住宅ポイントとZEH支援 ..
国交省、すまい給付金・減税拡充 ..
お知らせ
夏季休業のお知らせ
東日本レインズ、中古マンション ..
リフォーム受注件数は14%増
17年度の住宅着工は3年ぶり減 ..
中古マンション成約件数、3ヶ月 ..
2月の首都圏建売、発売戸数20% ..
2018年12月
2018年11月
2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月


国交省、すまい給付金・減税拡充も俎上

 


 


国交省、すまい給付金・減税拡充も俎上


 消費増税後の需要の落ち込みを防ぐため、住宅分野でも増税対策の検討が進む。国土交通省では、住宅ローン借入者を対象とする「すまい給付金」と「住宅ローン減税」のさらなる拡充や、住宅ローンに関わらず購入やリフォームに対してポイントを付与する住宅ポイント導入などが議論の俎上に挙がる。どういった組み合わせがより効果的か、税収減とのバランスも含めて、年末に向けて財務省との調整が続く。住宅ローン減税に関しては、自民党の部会や税制調査会での議論を経て決定される。


 不動産協会や住宅生産団体連合会を中心に業界から再開の要望が強い住宅エコポイントは、過去に復興支援や経済対策として実施した。前回15年時には省エネ性能基準などを満たす新築の場合1戸あたり30万ポイント、既存住宅のリフォームでは耐震改修を併せて行う場合は最大で45万ポイントを付与。1ポイント1円で地域産品や商品券と交換できた。対象やポイント額などで、年末に向けて財務省との調整が続くが、ポイントの規模感としては前回と同等かそれ以上も視野に入ってくる。また性能別でのポイントなども検討事項に挙がる。


 すまい給付金は、10%への増税時にこれまでの最大30万円から最大50万円まで引き上げること、年収制限の510万円以下を緩和し775万円以下に拡大することがすでに決まっている。業界からはさらなる拡大の要望が上がっており、認められるかが焦点となる。すまい給付金は21年末まで。一方、住宅ローン減税も10年間合計の最大控除額が長期優良住宅と低炭素住宅の場合は5000万円まで拡大され、その措置が21年末まで延長されている。


11:40, Monday, Nov 05, 2018 ¦ 固定リンク